記事タイトル:国語⇔日本語問題とは 


書き込み欄へ  ヘルプ
お名前: 秋月 康夫    URL
 国語⇔日本語問題とは、大阪府豊中市内の小学校で、「国語」を「日本語」
の教科名で授業をしていたことを、「産経新聞」が「国語消滅」と、突然報じ
たことから、豊中市の教育委員会が動揺し、もとの「国語」にもどすように指
導したという事件のことです。

 産経新聞の報道は97年の12月で、結局3学期から「日本語」という教科
名は消えることになりました。

 この問題について、わたし(管理人)は、「迷子の子どもたちの会」という
地元の市民団体と連絡を取ることができました。そこで、その間の事情をはじ
めとして、何が問題になってきたのか、紹介し、同時にみなさんの意見を受け
つけることのできる場をつくろうと思い、この掲示板を設置しました。

 これから、何回かに分けて、投稿していきますので、どうかお読みになって、
みなさんがこの問題に関心をもっていただけるように、お願いいたします。
[1998年3月14日 21時47分24秒]

このテーマについての発言をどうぞ。
氏名
E-mail URL



記事一覧に戻る