つぎのメッセージのページ

[CLWBのタイトルページへ] [ホームページへ]             人目

ニホン語 
ジュギョー(授業)日記 

  「日本語授業日記」を あたらしく CGIを利用して はじめることにしました。
いままでの「授業日記」は、論述スタイルから ぬけだせなかったので、
もっと「日記」にふさわしい 毎日の エピソードの記録を 
よみやすいかたちで のこすための こころみです。
 

最新の記事が表示されない場合はブラウザの 再読み込みボタンを押して下さい。 


[51]きんちょ (ak@chuwol.com) 1999/11/10 Wed 23:15:07 病気です。
 おなじような授業をくりかえしていると、「授業日記」も、おなじことを2度か
いてしまわないか、心配になってきます。
 どこかに、かいたかもしれないけれど、最近、これをよんでいる かたが 意外と
いらっしゃることが わかったので、なんとか更新しないといけないと おもい、か
くことにします。

 日本語で「わたしは病気です。」という いいかたが成立しますが、これは、も
ちろん、「病気にかかっています」という 意味です。「病気」は、文法の形式か
らいって、どうしても「形容詞」の なかまに いれられないのですが、ここでの 
つかいかたは、形容詞的です。
 韓国語で、「病気」+「です」に あたるいいかたをして、[名詞]+[指定詞
(コピュラ)]の文をつくったら、これは、意味が つうじません。まるで、「わ
たしは病原体だ」と いっているようになってしまいます。

 このことは、「名詞」とは なにかということをかんがえさせるものです。ま
た、語の もっている文法形式と、その語が文のなかで もっている機能が一致しな
いことが あるという好例です。もっといえば、「文法」とは いったいなんなんだ
ろうと反省する材料でもあるのです。

[50]きんちょ (ak@chuwol.com) 1999/10/19 Tue 22:29:39 最初の動詞
 「います/あります」が おわって、一般動詞に はいるとき、わたしは、最初
に導入する動詞を10個と きめている。

 おきる ねる はたらく べんきょうする やすむ

 たべる のむ いく くる かえる

の 10個である。

 これを この順番で導入する理由は、そのまえに時刻の表現を練習しているの
で、まずは、[時刻+に]、つぎは、[時刻+から 時刻+まで]を つけるだけ
で文が つくれる動詞を えらんだのである。

 つぎに、「たべる」「のむ」で、「を」を つかった文に なれ、最後に、移動
動詞をだして、助詞の「へ」を つける練習をしている。

 これらは、自分のことについて はなすのに つかいやすい動詞なので、これを
つかって 口頭作文するだけで、60分は つかってしまう。

[49]きんちょ (ak@chuwol.com) 1999/09/20 Mon 21:05:24 基本オッパ
 韓国語で、「おにいさん」に あたる コトバは ふたつある。
 
 女性からみた「あに」は、【.お*ぱ】、男性からみた「あに」は【,hょ~】で
ある。ところで、「て形」「辞書形」などというときの「形」も、【,hょ~】と
発音する。
 わたしの「学院」の受講生は 女性がおおいので、ちょっと冗談で、
「てオッパ」「辞書オッパ」と いってみた。もちろん、これは 韓国語としては
まちがいである。でも、かんがえてみたら、動詞の活用形というものは、それぞれ
ちをわけた 兄弟姉妹のような ものでは ないだろうか。この冗談、なかなか
いけてると おもうのだけど、どうだろうか。

[48]きんちょ (ak@chuwol.com) 1999/08/15 Sun 20:13:46 て形の導入授業
 いつも「て形」の導入をするときには、どのような順序で
していこうか、かんがえてしまう。

 おなじような手順でしていても、効果が ちがって あらわれることも
ある。

 辞書形や ます形からの変換の規則をおしえるまえに、できるだけ
「て形」に なれることが大事ではないかと おもい、今回は、
あえて、変換練習をせずに、えカードをつかった練習をしてみた。

 いつも つかう動詞の えカードを 9枚ならべてB4のかみに
コピーして、それを2枚、つまり ひとりあたり動詞18語の
カードをわたして、それを きるように いった。

 そのとき、「きってください」と いうのは、「きって」を
おしえる伏線になる。

 きりとったカードをつかって、辞書形と ます形の復習を
する。わたしが ます形をいって、それぞれに そのカードを
えらばせ、それをみせながら 辞書形をいうタスク。
 ひとつの動詞について それが おわるたびに、わたしが、
その動詞の「て形」を いって、それをカードの うらに 
かかせた。

 つぎに、
  教師が「辞書形」→学習者がカードのうらをみながら「て形」
をいう練習。つぎに、
  教師が「て形」をいう→学習者がカードをえらんで みせる
という練習。最後に、
  学習者が「て形」+ください→ほかの学習者がカードをえらんで みせる
というように やってみた。

 えを教師のほうに みせて こたえさせる方式は、教師も えをみせて
正解を提示できるし、まちがった こたえをすると ひとりだけ
ちがう えになるので、すぐ わかって便利な方法だ。

 それに、最後のタスクで、学習者が「て形」をいうときに、
「きて」「きいて」「きって」など、アクセントや長短、拍、など
正確に いわないと つたわらなくなるので、自然に注意が
そこにむかう。これは、そのあと、規則を説明するときに、
このような ちがいに注目させるための予備練習として有効だとおもった。


[47]きんちょ (ak@chuwol.com) 1999/08/04 Wed 14:56:24 本格的
 「本格的なカレー」と いう ことばが、どうもガッテンが いかないよう
だった。

 漢字をそのままによんで、【.ポn+,キょk*ちょk】と なるけれど、ちょっと
つかいかたが ちがうみたい。

 「つゆが 本格的に はじまりました。」

なら、全然 抵抗がないようだ。

 韓国の「国語辞典」を ひいたら、

 「なにかが おこなわれる状態が 軌道にのって 積極的になること」

などと かかれていた。たしかに、これでは「本格的なカレー」は 
わからない。「高級カレー」と いいかえたら、意味は つうじるのだが。


[46]きんちょ (ak@chuwol.com) 1999/07/27 Tue 22:21:57 いぬと 散歩します。
 『中級から学ぶ日本語』という 教科書の 第3課をしていて、
「答えましょう」の ところで、

  いぬと 散歩することです

と いうひとが いました。本文にそって こたえると、

  いぬを 散歩させることです

と なるところ。自分のことばで こたえたので、こうなったの
でしょう。

 わたしは、「いぬと 散歩します」と いうと、たぶん、ここで
主語になっている「進一くん」と いぬの「ドン」との あいだで、


  進一:ドン、散歩に いかないかい?
  ドン:そうだね、今日は 天気もいいし。
  進一:じゃあ、公園にでも いこう!
  ドン:うん、そうしよう。あ、ちょっと したくを
    するから まっててね。

などと 会話を してから いったように きこえる(だから
ちょっと おかしな表現だ)と、説明しました。

 ある受講生が これをきいて、「これは韓国語式の表現だ」
と おしえてくれたので、わたしも、そのことに 気がつきま
したが、どうも、韓国語では 使役表現が 発達していない
ことから、いぬを 散歩「させる」バアイでも、「いぬと 
散歩する」と いうような 表現を つかうのでしょう。

[45]きんちょ (ak@chuwol.com) 1999/07/19 Mon 22:55:20 ひらがなのない授業
 きょうから、中学校・高校が なつやすみということで、午前中に
あたらしい クラスが はじまった。

 とはいえ、初日は あまり あつまらない。

 やすみの 初日から 勉強しにくるひとが そうそう いないのも
当然だ。

 こういうクラスは、たいてい、開講して1週間ぐらいは バラバラと
はいってくる ひとがいる。すでに、明日から くると 連絡があった
ひとも 2人いたので、今日は、「ひらがな」の授業は しないことに
した。

 なにしろ、韓国でおしえていると、このような まったく ゼロからの
クラスを することが おおいから、工夫が必要である。
 「ひらがな」の よみかきのマスターが なつやすみ 1か月の おも
な 目標になるので、これは、なるべく メンバーがそろってから はじ
めたい。

 今日は、あいさつと、「わたしは**です」の 文型で できる会話
だけを した。

 途中、てもちぶさたで、発音記号とローマ字の中間のような 表記を
黒板にしたら、

「どうして英語を おしえるのですか」

と きかれてしまった。かいたのは、英語じゃなくて、日本語なのに。

 韓国語だって、ローマン・アルファベットで 完全に かくことができる。
発音記号は、どんな 言語にでも 対応できるように つくられた記号だ。

 そんなことを 説明しているうちに 半分の時間が すぎてしまった。

 あとは、「おはようございます」の「ご」の 鼻濁音の指導と、「ざ」
の矯正。最初の授業でする メニューじゃ ないか...と おもいつつ、
それも わるくはないんじゃないかと ひらきなおったのであった。


[44]きんちょ (ak@chuwol.com) 1999/07/17 Sat 21:32:42 戦争の認識
 昨日は、どういうわけか、ふたりの受講生から、おなじことを
きかれた。

「日本には徴兵制がないのですか?」

 そのひは、欠席者がおおくて、あまり さきにすすむ必要がなかったので、
どちらの ひとにも 丁寧にこたえたのだけれども、ちょっと これは ど
うかと おもった。一人は、女性だけれども 自身は のちのち志願して 
女性の軍人になろうと かんがえているひとである。もう一人は、40を 
すぎた男性。

 いままで、日本の自衛隊がどのように つくられたのか、ならう機会が
なかったのだろうか。関心が まったく ない ひとたちとは おもえな
いだけに、これは 問題だと おもった。

 そんなことを いうと、すぐさま、別の受講生が

「でも、日本人も 韓国のこと よく しらないひと おおいでしょ」

と 反論した。それは、そのとおり。でも、わたしが いいたいのは、
韓国での情報のアンバランスのことだ。これは 左右のバランスではな
くて、基礎知識と専門知識、公然とした事実としての情報とスクープ情
報の バランスのことだ。日本の軍事大国化に対する警戒をうながす 
情報は、日本の新聞よりも くわしく 報じられたりする一方、自衛隊
がGHQの指揮下で朝鮮戦争に対処するために つくられ、以後、憲法
問題を ひきおこしていること、そのため、装備は経済力を反映して 
肥大化していながら、戦時に国民を動員する態勢は ととのえられずに
きたこと、それが、ここのところの 新ガイドライン関連法などによっ
て、急速に 準備がととのいつつあること、……

  そういうことが わかっていたら、結論は「やはり 日本には警戒
しなければ」ということに なるのだとしても、いままでの「警戒」の
しかた、いまの「警戒」のしかたが、いかに ポイントがずれていたか
ということだって、すこしは 反省できるはずなのになあ。

 やはり、基礎の理解が ちゃんとできていてこそ、そのうえに おこ
っている事態も 的確に分析できるのではないだろうか。 

[43]きんちょ (ak@chuwol.com) 1999/07/16 Fri 22:12:00 からだの部分をつかったことば?
 『中級から学ぶ日本語』の 第1課の 「速読」の
最後の部分に、「からだの部分をつかった いいまわし」
と いうことで、「目は心の窓」という いいかたが
でていた。

 いままで、なにげなく よんでいたが、これは、からだ
の部分を 比喩につかった いいまわしではない。「窓」
を 比喩につかった いいまわしではないか。

 なんでも、いいかげんに よみとばしていると、だまさ
れてしまう。注意が カンジンだ。




[42]きんちょ (ak@chuwol.com) 1999/07/14 Wed 23:24:53 檀君神話
 授業中、かべに かけてあった 日本のカレンダーをみて、
「どうして クリスマスは やすみじゃありませんか」と 
きく受講生がいた。
「憲法で、日本の国家は 直接 宗教に かかわらないことに
なっているから」と こたえると、
「韓国では クリスマスも シャカの誕生日も 開天節も や
すみなのに」と いうひとが いた。

 みんな うなずいていたけど、これは、おもしろいことだと
おもう。ここに いた ひとたちは、開天節を 宗教行事だと
とらえているからだ。
 最近、韓国の歴史学会では 檀君の実在を主張するひとが 
ふえてきているらしいが、一方で、檀君神話を信じるのは、宗
教だと かんがえる 勢力も 健在なのだ。

 別に、そんな 歴史・宗教論争に かかわりのなさそうな 
わかものの なにげない発言だっただけに、興味ぶかかった。
の 
 

[41]きんちょ (ak@chuwol.com) 1999/07/06 Tue 23:06:47 クロスワード
 事務をしていて、「学院」の受講生でもある ソさんが、
「いっしょにクロスワードをしましょう」と、新聞をもって
きた。

 このひと、韓国の、ある日本語教育書籍の出版社のだして
いるジャーナルに ある クロスワード(日本語で たて・
よこの キーが かかれている)を するのが 趣味で、す
でに 景品の 問題集一冊を てにしている。

 ヒントは日本語だが、わくに うめるのは 韓国語の 単
語だ。ふたりで いろいろ かんがえて、ことばを だしあ
うのは、おもしろかった。

 「インフォメーション・ギャップ」などというが、これが
究極の「ギャップ」だ。
 でも、わたしのほうが さきに 韓国語の単語に きがつ
いたりすることも あって、なかなか おもしろい。

 自分でやってみて、このようにして くろうして でてき
た単語は、はじめての ものでも 記憶にのこることが、よ
くわかった。クロスワードは、単に ゲームというより、有
効な 記憶法でもあるようだ。


[40]きんちょ (ak@chuwol.com) 1999/06/30 Wed 13:31:22 (TO #38) 実物主義
 言語教育では、できるかぎり 実物をつかうのが いいと、よく いわれる
けれども、この38番の記事の「なんですか」も、それに のっとって、なら
っていることが 実際の使用場面に むすびつく 効果を ねらっている。

 でも、用意のいい 先生は、いろいろな写真やイラストなどを もってきて、
さらに、異国の事物などについて 質問をさせたり するのだろう。ここでの
写真やイラストは 「実物」ではないが、だからこそ かえって、「なんです
か」と きく 動機は 自然なものになると いえる。

 わたしは、そこまでは、なかなか 準備しない。でも、こんど やるときは、
いろいろ 写真などを あつめてみようとおもう。 

[39]きんちょ (ak@chuwol.com) 1999/06/28 Mon 22:31:50 「こうして つかうのよ」
 『となりのトトロ』で、さつきが トトロに かさの つかいかたを
おしえる場面。

 「こうやって つかうのよ」

 この、「こうやって」と、「こんなに」の 区別が できないひとが おおい。

 「こうやって」は、「こんなふうに」「こんなふうにして」「こうして」
などに おきかえられる。カタい 文章では、「このように」と なることが
ある。

 動詞にかかると おしえれば、だいたいは いいのだろうけれども、
「ちがう」のように、動作性の動詞でないバアイは、「こうやって」じゃなくて
「こんなに ちがう」と いう。品詞じゃなくて、意味のちがいなのですね。

[38]きんちょ (ak@chuwol.com) 1999/06/28 Mon 22:24:57 「なんですか?」
 たいしたことじゃないのだけれど、「これ・それ・あれ」を
おしえるまえに、「なんですか?」を つかって いろいろ 
単語をふやしたり、Q&Aに ならしたりするのが 大切だと
おもう。

 今日は、ゆびをさして「なんですか」と 質問する練習。
教科書にある単語の練習はおわり、教室にある なまえの わ
からないものについて きく練習に うつった。

 毎回、これをやると、とんでもないものを ゆびさすひとが
あらわれる。教室にあるものなんて、かぎられていると おも
うのだけれども、さがしてみると けっこう いろいろと あ
るものだ。

 きょう、でてきたのは、「蛍光灯」「うちわ」

 「扇子」の実物もあったので、「うちわ」と「扇子」のちがいも
納得してもらった。


[37]きんちょ (ak@chuwol.com) 1999/06/25 Fri 09:45:10 数字の発音
 「〜と〜になります」の練習で、算数の数式をやっていて きがついたのだけ
れども、たとえば、 2+2=4 で、「にーたすにーは よんです」と よむ
ときは、「に」が「にい」に なるようだ。ただし、「=」の直前の「2」は、
「に」でも いいような気もする。

 これを、「にに にを たすと よんになります」と よめば、「2」は「に」
であって、ながくならない。

 しかし、小数のときは、かならず ながくよむようだ。

 「2.2になります」は、「にてんにになります」ではなくて
「にーてんにーになります」だろう。ただし、「2.2」で おわるときは、
最後の「2」は「に」でも いいようだ。「にーてんに」と いうふうに。

 「2」と 格助詞の「に」を 区別しながら、アクセントの有無や、このよう
な長音化が どのようなときに作動するかを かんがえると、おもしろそうだ。 


[36]きんちょ (ak@chuwol.com) 1999/06/23 Wed 23:33:04 あらすじを 説明する
 『となりの トトロ』の 授業。

 きょう、はじめて、「いままでの あらすじをいう」という タスクを
あたえてみた。

 ちゃんと とりくんでいたら、最初から やっていなきゃいけないこと
だったように おもう。

[35]きんちょ (ak@chuwol.com) 1999/06/22 Tue 23:08:34 ついでに
「ついでに」

 いろいろ、例をあげて 説明したのに。

 「それで 訳すと どうなるの?」って、それはないよなあ。

 今日は メゲちゃったけど、もっと ていねいに 練習したり、
作文したりしないと いけない。ふだんから そうしていないから、
ツケが まわってくるのだろう。

 いいわけをしながら わるい教師になっている。  

[34]きんちょ (ak@chuwol.com) 1999/06/17 Thu 22:54:51 ムーダン
 韓国のムーダン(巫堂)については、日本人には あまり しられていない
かも しれない。

 ブタの あたまを まえにして、チャングや ケンガリを ならして、ナンダ
カンダ うなる、「クッ」と よばれる 儀式をするのが、この ひとたちの 
しごとだ。

 「〜に 興味がある」という 文型を おしえるのに、いい例文が みつから
ず、わたしは、とっさに 「韓国のムーダンに興味があります」と いったので、
大変なことに なってしまった。

 例によって ワルノリして、「わたしはムーダンになりたいです。どの 学校
にいったら、ムーダンに なれますか」などと きいたら、「ムーダンは、ある
ひ、突然、啓示をうけて なるもので、いったん啓示をうけたら、本人が やり
たくなくても、すべてをすてて やらなくてはならなくなるものだ。自分から 
希望して なる ムーダンはいない」と、正統派の 解説を うけてしまった。

 「くわしいですね。あなたも ムーダンですか」などと、なおも ワルノリし
たら、「いや、その程度のことは みんな しっている」と たしなめられた。

[33]きんちょ (ak@chuwol.com) 1999/06/16 Wed 23:38:11 「〜んです」の導入
 いったい、何回めの「〜んです」の導入なんだろうか。

 今日は、比較的 てぎわよく すすめられた。

 「“〜んです”三大原則」というのを かんがえた。

1.前提がある。
2.前提は省略される
3.省略は言外の意味になる

というもの。それぞれ、「〜んですか」「〜んです」「〜んですが」
の 例文と むすびつけると 効果的であることを 発見した。

 これらの「原則」の ひとつひとつは いままでも、そこに
重点をおいて おしえたことがあるものばかりだが、このよう
に、それらの あいだの 連関をよくして 整理してみたのが、
今回の 進歩した点だ。

 でも、これって、ちゃんとした日本語教師なら みんなが 
やってることなのか? 自分だけ、いままで、ろくな導入を 
していなかった だけなのか? 

 不安になってきた。

[32]きんちょ (ak@chuwol.com) 1999/06/14 Mon 10:46:47 鉄道がなくなったのは……
 中学生たちは、おもったことを 遠慮なしにいうから、いろいろと 授業をし
ていて 参考になることが おおい。

 日本語の例文を 練習していて、「駅」とか「電車」などの 単語がでてくる
と、ここ、ソクチョでは、いろんな問題が うまれる。なぜかというと、この 
まちには、鉄道がないのだ。

 ときには、わたしが いじわるく 「ソクチョには、地下鉄も ありませんが、
鉄道の駅も ありませんね」なんて いって、なにか いいかえそうという 気
を くすぐることがある。今日もつい。

 でも、今日の反応は ちょっとちがった。

 「鉄道は もともとあったのに、なくなっちゃったんだよ。えーと、たしか、
日本が 戦争のときに、レールを 鉄砲のタマにするっていって 供出させた
からって ならったよ…。あ、先生、日本人ですね!」

 これが おとなたちだと、わたしが日本人だということを計算して、こういう
ことを いったり、いうのを ひかえたり するのだけれども、中学生たちは、
おもったとおりに いうだけで、いつのまにか 自分たちが いじめられていた
のが、いじめる タチバに たっているのに 気がついて、おもしろがっている
のだ。

 ところで、ソクチョの鉄道が なくなったのは、朝鮮戦争のときだったはずで
ある。この はなしは、日本が戦争中、支配下の朝鮮で、家庭のなべ・かまに 
いたるまで カナモノを 供出させたという 事実と、鉄道が 日帝支配下で 
つくられたという 事実が 混同されたまま むすびついてしまったのだろう。

 「日本は、自分たちだけのために 朝鮮人をはたらかせて 朝鮮に 鉄道を
しいたのだから、それを 自分たちで こわしたりは しなかったと おもう
よ」と、わたしは やさしく こたえた。

 いまでこそ、韓国の技術力は世界のトップクラスに のしあがったけれども、
鉄道技術ひとつとっても、日本は、韓国に なにも のこしてはいない。鉄道
そのものを のこしたといっても、解放直後は、列車をうごかすことのできる
韓国人の技師すら、かぞえるほどしか いなかったという。これを、「日本は
朝鮮にいいこともした」などと いえる例にできないことは、あきらかだ。

[31]きんちょ (ak@chuwol.com) 1999/06/06 Sun 22:44:04 (TO #29) 状況説明
 『となりのトトロ』の あたらしい つかいかたを ためしてみた。
 
 しばらくセリフがない 場面で、 なにが おこったか、説明するタスク。

 わたしが めが不自由なひとだと仮定して、画面の展開を説明するように 
学習者に もとめた。


 今回は、ビデオをとめてから、やったのだけど、なれてきたら、おとを し
ぼって、ほかの 場面でも VTRを まわしながら できそう。

[30]きんちょ (ak@chuwol.com) 1999/06/01 Tue 22:21:13 みてごらん
 「ほーら、あしもとを みーてごらん」
の「みてごらん」。

 こういうのは、日本語教師を こまらせる語法だと いえるだろう。

 「ごらん」を 文法的に「尊敬語」だと おしえたてまえ、この 語法が、
じつは メシタのひとに つかうものだということを 納得させるのが むず
かしいからだ。

 それに、「みて」も「ごらん」も、おなじ「みる」から でた コトバだと
すると、いったい どういうことになるのか? 
[もちろん、うしろは補助動詞の「たべてみる」「いってみる」の「みる」なん
 だけどね。]

 『となりのトトロ』には、こんなのが たくさんでてくる。たのしいけど、
ちゃんと 練習までやろうとすると、たいへんだ。 


[29]きんちょ (ak@chuwol.com) 1999/05/31 Mon 22:40:07 ビデオとカセットテープ

 『となりのトトロ』の授業も ワンクルー おわった。

 スクリプトを なおしながらの 授業だったので、不十分なてんも、おおかっ
た。ところが、おわるやいなや、ほかのクラスで、また はじめから、すること
になる。でも、教材化の余裕がない。

 スクリプトを加工して、教材にしてから、やりたかったのに。

 VTRを つかうとき、それを スクリプトにおこすために いったん、オト
を カセットテープに おとしたのだけれども、それを そのまま 教室で つ
かうことが、かなり 有効であることに、最近、きがついた。

 VTRは、まきもどしたとき、音声が きれてしまう。一部だけを 反復して
きかせるのには、むかない。だから、VTRの よこに、テープも準備しておく
と、かきとりをするのにも つかえるし、画面でみたところを、オトだけで、ど
のくらい ききとれるか、再確認するタスクにも つかえる。

 この手法は、いろんな応用を開発することが できそうだ。
 
 

[28]きんちょ (ak@chuwol.com) 1999/05/27 Thu 22:51:34 ひらがなビンゴ
 あまりにも単純なゲームなので、いままで やったことがなかったのだけれど
も、今日、つごうがあって、中学生の授業を、3期めの学生と1期めの学生を 
いっしょに おしえなければならなくなって、ひらがなビンゴを やってみた。

 人数は20人ぐらい。

 4×4の ますに ひらがなをかいて、列が4つ うまったひとを アガリに
した。

 ひらがなの かずは、46あるから、16のマスとのわりあいは ちょうど
よさそう。中学生たち、結構ノッてくれて、「もう一回!」と リクエストまで
もらってしまった。

[27]きんちょ (ak@chuwol.com) 1999/05/24 Mon 23:10:56 やりもらい
 土曜・日曜は、メーリングリストでのやりとりに かかりっきりで、こちらに
は かきこむことが できませんでした。
 
 そのメーリングリストでは、以前にもかいた、「地方振興券、ご利用いただけ
ます」から 派生して、「〜て/で もらう」と「(ら)れる」を つかった
うけみ形の 関係をめぐって 議論をしているのですが、それを つうじて、
つくづく おもったことは、

  日本語のネイティブは、つくづく、「もらう」を つかった文の
  構文の特殊性に 無自覚だ

と いうことです。この構文は、ヴォイスと 待遇表現の 両方の面から 
とらえないと いけないと おもうのだけれども、そのためには、「もらう」
だけを みるんじゃなくて、「もらう」を つかった文全体の構造を 記述
するのが 不可欠だと おもうのです。

 日本語教師になって、そんなことが、いつのまにか、あたりまえに なって
しまったのだけれども、よくよく かんがえたら、それが あたりまえなのは、
専門の学者をのぞけば、日本語教師ぐらいなのかもしれないとも おもえてきま
した。

 そのむかし、わたしは、英語で「もらう」という単語を どう 訳すのか、
わからずに ずっと なやんだことを おもいだします。実は、いまでも、よく
わからないのですが、TAKE とか GET とかいうのも なんなのか、いまだに な
ぞです。これは、日本語の「あげる」「くれる」「もらう」の 分析が ちゃん
とできるようになって、はじめて すこしだけ 整理ができるようになりました。
たしかに、わたしも、養成講座にかようまで、それが うまく 自覚されていな
かったなと、おもうのです。

 ちょうど、音声の分野でも、日本語の音素の 調音点や調音法が 理解できて
はじめて、日本語以外の発音をあらわす発音記号のもつ意味も 理解できるよう
な きになったのと このことは にています。
 

[26]きんちょ (ak@chuwol.com) 1999/05/19 Wed 22:29:02 (TO #24) ステレオデッキ
 線でつないで 録音する問題は、ふる電気やで、84年製のカセットデッキを
みつけたことで解決した。

 ステレオの一部のようなキカイが、3万ウォンでかえた。

 そこまでは よかったのだけど、スイッチをつくろうとして みせのひとに
図面をかいて わたしたら、まったく メチャクチャな接続をされてしまい、
まったく つかいものに ならない。あれなら、わたしのほうが、よっぽど 
電気の知識がある。

 ハンダドメを 全部切断して、ゆびで むすびなおして、おとがでるように
なおしたけれども、スイッチの機能は はたせなかった。

 工賃、まえばらいしたんだけどなあ。(2万ウォンほど)

 やすものがいの ぜにうしない って ところだろうか。

 

[25]きんちょ (ak@chuwol.com) 1999/05/18 Tue 22:16:08 (TO #24) 韓国で放映されていたようです。
 鉄腕アトムのTシャツを きてきたことのある ひとに、その主題歌を 
うたってきかせたら、しっているようだったので、どうして しっているか 
きくと、韓国で放映されていたそうです。

 そのひとは、中学生で、小学校に あがるくらいのころ、みていたとのこと。

 不思議なのは、そのとき、カラーで みていたと いうのだけれども、日本の
アニメは、しろくろだったような。
 第一回のアトム誕生の経緯など、はなしが一致したので、どうもこれは、「い
ろを ぬったんじゃないですか」と いうことに なったのだけど、本当だろう
か。

[24]きんちょ (ak@chuwol.com) 1999/05/17 Mon 23:06:48 鉄腕アトム
 以下のページ、
 http://www.animedia.co.jp/mcj/
から、鉄腕アトムの主題歌を きくことができる。

 フロントページの写真にあるように、最近、突然、
アトムのTシャツが はやりはじめたので、教材に
してみようと おもった。

 これは、無料なのだけれども、問題がひとつある。

 録音できないのだ。

 コンピュータから、線でつないで、カセットテープに
おとせる キカイが ない。

 どうして、韓国のラジカセには、録音端子がないのだ
ろうか! 




[23]きんちょ (ak@chuwol.com) 1999/05/15 Sat 20:00:50 (TO #22) 動詞の辞書形
 動詞の辞書形(原形)を おしえるときに、かんがえこんでしまうのは、
この カタチが なにを あらわすものなのかを どう しめすかだ。

 そんなこと いわなくても、「辞書にあるカタチ」といえば、だまって
勉強してくれるものなのかもしれない。でも、それでは、なにか、勉強の
ための勉強をさせているような 雰囲気になる。

 辞書形が なんのために 重要なのか、この段階で わかりやすく 
しめす 方法は ないだろうか。

[22]きんちょ (ak@chuwol.com) 1999/05/13 Thu 22:58:32 動詞の導入

 きょうは、中学校の課外授業と、「学院」の授業の両方で、はじめて動詞を
まなぶ ひとのための 導入をした。

 「形容詞も よく わからないのに、動詞をするんですか」などと、中学生
たちは いったけれども、だれが、動詞が形容詞より むずかしいと きめたの
だろうか。

 だいたい、ヘンなのは、韓国人の かなりの ひとのなかに、文法というのは、
品詞を順番に まなぶことだという 偏見が 定着していることだ。まず名詞、
つぎに形容詞、つぎに動詞というように 順々にまなび、形容詞なら形容詞の
ときに、その活用を全部やってしまうという 固定観念がある。
 はっきりいって、こんな 非合理的な かんがえかたは、有害でしかないと
おもうのだけれども。

[21]きんちょ (ak@chuwol.com) 1999/05/12 Wed 22:16:33 1対1のクラス
 わたしと おなじように 「学院」で英語をおしえている先生が、日本語を
ならいに きた。
 おなじようなスケジュールで はたらいているから、どうしても、私が、
やすみたい時間に くることになる。

 さんざん にげまわっていたけれども、とうとう、今日から、昼に 授業を
しなくてはならなくなった。

 この時間は、ほぼ、個人教授にならざるをえない。

 でも、本人と はなしあって、週3回でも いいことになった(本人も 
いそがしくて、毎日は無理のよう)。それから、初級文法の復習をしたいと
いうことで、けっこう会話力はあるので、日本でおしえるときのように、
おしえられる。語彙力不足や 極端なききとり力のなさに なやまされる 
ことが ないからだ。

 今日はテストをして、その解説。

 否定形について、混乱していたところを 整理した。

 

[20]きんちょ (ak@chuwol.com) 1999/05/11 Tue 22:31:29 となりのトトロ

 あさ一番のクラスで、先週から『となりのトトロ』を つかった授業をしてい
る。

 一日、一時間で、5分ぶんぐらいの分量をきりとって、くわしく みていく。
今日は、スクリプトのあなうめをして、「な」の練習をした。

 「な」といっても、感嘆の終助詞ではなくて、

  しな
  してな
  してみな

  するな

の ような、命令や禁止につかうもの。

 動詞のかたちに ともなって、これだれ バリエーションがあり、ネイティブ
なら かなり はやい時期に つかいこなすようになる表現が、非母語話者の
ための教科書では、ほとんど でてこないというのは、かんがえてみれば、おか
しなことだ。

 今日は、ビデオをみるのが本題だったので、すこししか練習しなかったけど、
こんど、アクセントにも注意して、いろんな動詞で、文脈のあるアクティビ
ティーをかんがえて、ふたたび とりあげたい。


[19]きんちょ (ak@chuwol.com) 1999/05/10 Mon 22:15:02 動詞の導入

 動詞が はじめて でてくるときに、どのような 導入をするか、
まよっている。

 今日は、教科書にある「ます形」のまえの部分を わたしがよみ、動詞の
部分だけを 受講生に よませた。そして、名詞、形容詞の 場合の、いま
までに でてきた 活用をしめして、辞書形と、実際にでてくる かたちを
対照し、辞書形と 実際につかわれる かたちとの ちがいに きづかせる。
そして、ます形のよこに 辞書形をかいて、グループごとに ならべる。
それから、最初によんだ 動詞を、グループごとに わけて かいて、辞書
形を つくらせる。

 動詞の意味と 使用場面に即した練習と、このような 文法の機械的な
練習と、どちらを さきに したほうがいいのか、まよう。辞書形を この
段階で だすのが いいのか、だすのがいいとしても、このような 形式的
な導入でいいのか、疑問がのこる。

[18]きんちょ (ak@chuwol.com) 1999/05/07 Fri 22:29:34 テスト作成
 『文化初級日本語』Tのための テストを つくる。

 そのために、ね不足。

 でも、今日の予定が、月曜になったみたい。文法だけのテストで、
50題をこえる60分用のテストをつくるのは、ひさしぶりだ。
むかし つくったテストが パソコンにのこっていて、たすかった。



[17]きんちょ (ak@chuwol.com) 1999/05/04 Tue 22:49:35 漢字
 初級のクラスでは、教科書(『文化初級日本語』)をしているあいだ、漢字の
指導は、教科書にでてくる漢字を よむことに とどめている。

 それでも、教科書の途中までの 総ルビに なれているため、ルビのない漢字
が でてくると、よみが とまってしまうひとも おおい。もっとも、これは、
カタカナについても いえるのだけれども。

 きょうは、漢字のよみテスト。

 意味も確認しながら よみを かかせ、よめないひとのために、かきとりに
したら、40単語するのに、1時間 まるまる つぶしてしまった。

 漢字は個人の努力によるところが おおきいと おもう。それに、おなじ 
クラスでも もっとも 個人差が おおきい分野だ。 たまに 丁寧にするのも
いいけれど、普段は どうも あとまわしに なってしまう。

[16]きんちょ (ak@chuwol.com) 1999/05/03 Mon 22:44:46 料理教室

 『文化初級日本語』第12課の 「料理教室」。

 まえにも、フライパンやたまねぎの模型をつくって、ままごとの料理をして
みせたり したのだけれども、今日は、はじめて、おお人数のクラスで、ひとり
ひとりに "ままごと"を してもらうつもりであった。

 かみコップをきりぬいて、3時間くらいかけて、人数分のなべをつくったり
したのだけれど、実際 きたのは、5人だけだった。

 今週は、中間試験ということで、中学生と高校生が、みんな欠席だったのだ。

 まあ、いいか。また、つかおう。

[15]きんちょ (ak@chuwol.com) 1999/04/29 Thu 22:20:03 など と 【_トぅ~】

 日本語の「など」は、ふつう【_トぅ~】と 訳されている。反対もそうだ。

 ところで、韓国語で、【A,B,C,D _トぅ~】と かいてあるとき、
実際、A,B,C,D以外には 該当するものが ないことがある。と、いうか、
わたしが新聞記事をよんできたかぎりでは、そういうことが ほとんどである。
これを「A,B,C,Dなど」と 訳したら、意味がちがってしまう。日本語の
「など」は、「A,B,C,D」以外の「E」や「F」があるというのが 前提
になっている。

 まえに、このことを かいたかどうか わすれてしまったが、最近の授業で
問題になったこともあり、辞書だけでは きがつかないテンなので、ここで指摘
しておきたい。

[14]きんちょ (ak@chuwol.com) 1999/04/28 Wed 22:22:09 が・ぎ・ぐ・げ・ご
 
 ひらがなを おしえながら、発音をチェックし、そのあと、かきとりを くり
かえしているのだけれども、韓国人学習者に いちばん むずかしいのは、どう
も「が・ぎ・ぐ・げ・ご」の鼻濁音のようだ。

 わたしも、意地になって 鼻濁音で発音して かきとらせている。

 学習者が発音するときには、[g]音で かまわないと おもうのだけれども、
ききとりが できなくては こまるからだ。それに、発音するときも、「ん」
に「が・ぎ・ぐ・げ・ご」が つづくときは、鼻濁音にしてほしい。

 しかし、実際は、発音指導のほうが うまくいって、ききとりのほうで つ
まづくことが おおい。

 こういうことは、かなの導入の段階である初期に やるべきだというのが、
わたしのかんがえである。もっと あとの段階でやると、かきとりをしていても、
単語をすでに モジでおぼえていてしまっていて、発音をききわける練習に な
らないことが おおいからだ。

[13]きんちょ (ak@chuwol.com) 1999/04/27 Tue 21:23:31 せーの!
 同僚の日本人の先生が、わたしから ひきついだ 中級のクラスについて、
こんなことをいった。

 「『みんなで いってください』って指示したんですけど、みんな、いわない
 んですよ。それで、しばらくしたら、『せーの?』『うん、せーの』なんて、
 こごえで いっているんです。」

どうも、わたしが授業しているとき、指示はいつのまにか『せーの』一本ヤリに
なってしまっていたようだ。

 「そうですよ。先生も『せーの!』で やってみてください。それで、自動的
 に いいはじめるように 訓練されていますから。」

と、わたしの こたえ。かくして、いま、となりの教室では、『せーの!』が
連呼されている。あらためてきくと、なんかヘンなカンジ。



[12]きんちょ (ak@chuwol.com) 1999/04/27 Tue 21:16:51 (TO #11) 「もっと」についての発表者
 このうえの 11番の記事は、つぎの発表について かかれています。


> つざき・こういち(津崎 浩一)先生                  <
>                                    <
>      韓国 カトリック大学校                   <
>                                    <
>  副詞「もっと」の誤用と、文脈および待遇表現を考慮したその指導について<
>                                    <
> 在韓日本語講師研究会 第28回 定例会での発表 より         <


 きのうは、発表のレジュメをぬきに かいたので、紹介できませんでしたが、
かってに 感想だけかいては、ルールに反しますので、このように紹介するし
だいです。もちろん、わたしの感想は、津崎先生のご意見とは別個のものです。





[11]きんちょ (ak@chuwol.com) 1999/04/26 Mon 22:22:43 「誤用」ということば  〜「もっと」について

 ソウルで、研究会があって、発表をきいた。

 「もっと」の誤用について。

 こういう副詞の文を検討すると、単文ではヘンにおもえても、状況設定によっ
ては なりたつ文もでてくる。
 
 一例をあげると、

   あめが ふっているから、もっと 気をつけて かえったほうがいいよ。

この文を、訪問客の かえりがけにいったら、ずいぶんと ヘンな カンジが 
するだろう。なにと くらべて「もっと」と いっているのか、不明だからで
ある。しかし、韓国語では「もっと」に 相当するコトバで、うえのような 
表現が 以上のような状況で 可能になるらしい。

 それでは、日本語ではダメなのかと いうと、そうでもない。訪問客を 駅
まで おくって かえる途中、訪問客が すべって ころんだバアイ、わかれ
ぎわに、このように いうのは、自然だろう。

 わたしは、そもそも、単文だけをとりあげて、誤文かどうか 判定すること
に それほど 意味があるのかどうか、疑問に感じている。「誤文」というの
は、その文、単独では、その文が意味をもつ状況が想定不可能なものを さす
のであり、「想定不可能」と いっても、活用形などの形式がととのっている
かぎり、それは ききての 想像力の範囲を こえているかどうかに かかっ
ている。想像力、ファンタジーの たくましい ひとであれば、ほかのひとが
おもいもよらない状況設定をして、解釈してしまうことも ありうるのだ。

 ところが、コトバには、このような 相手の想像力に どのくらい 解釈を
あずけるかの、ハバのようなものも ある。「もっと」は、かなり 丁寧に、
そのへんの解釈を はなしテが 提示する約束になっている コトバなのだろ
う。だから、ききての 常識の範囲で、「ナニとくらべて "もっと"なのか」
という解釈がつかないと、はなしテの「つかいかたが ヘンだ」と、みなされ
て しまうんだろう。

 あるいは、自分だけわかったつもりで、はいったばかりの食堂で、

  サラダ、もっと おおくしてください。

と いっても、サラダをはこんでくるまえなら、相手には つたわらない。そ
れが、韓国語では、OKなのだとすれば、これは、どれだけ 相手のみになっ
て はなすかという、待遇法の 問題なのかもしれない。みんなが 自分勝手
な 解釈で そのような つかいかたをしていたら、「もっと」自体に、そう
いう意味が 派生するようにも なるかもしれないからだ。

[10]きんちょ (ak@chuwol.com) 1999/04/26 Mon 00:08:09 カラオケ
 あたらしい先生がきて、中級のクラスを まかせることになったけれども、やは
り授業を毎日つづけていくためには、受講生ひとりひとりと したしい人間関係を
つくっておかないと いけないと おもい、カラオケにいくことを提案した。

 日本語のうたを うたうなんて、名目にもならない名目だけれども、当然のよう
に、そんなことは無視して、おおさわぎ。

 それはともかく、2次会で おさけをのむと、みんな、韓国語がわからない 先
生のために、一生懸命、日本語ではなす。それがよかった。

 これで、一回、授業をつぶしても、それが、つぎの授業での 話題を提供するの
だから、おつりに、利子がついてくるというものだ。

[9]きんちょ (ak@chuwol.com) 1999/04/22 Thu 22:24:36 サッカー
 今日は、早朝、サッカーをみたので、一日、あたまが いたかった。

 ナイジェリアでの 日本ユースの活躍には びっくりした。

 「ひさしぶりに日本のサッカーが活躍していて、こんなこと、わたしの人生で
二度とないかもしれないから、あさ、はやおきしてテレビをみたんだ」と、遠慮
がちに いいわけじみた いいかたをする わたしに、高校生のおとこのこたち
が、「いやいや、日本のサッカーは よくやっている。こんどは優勝するとおも
いますよ。」なんて、いってくれた。すなおに うれしい。

 わかい ひとたちの感覚は、確実に かわってきている。日本だから、サッカー
だからといって、対抗意識をまえにだしたりは しなくなった。同年代のおんな
のこたちは、中田選手のファンが急増中だ。

[8]きんちょ (ak@chuwol.com) 1999/04/21 Wed 21:30:25 「ん」の発音
 おなじことを 何回もおしえていると、さすがに なれてくる。

 「ん」の発音も、以前は 1時間くらいかけていたけど、要領よく、すぐでき
そうな部分は ちからをぬいて、むずかしいところを強調するやりかたで、30
分で、かきとりまで おわらせた。

 やはり、この項目で一番のポイントは、母音のまえの「ん」の鼻母音の発音だ。
いままで、単語ごとに 発音してみせて まねをしてもらっていたが、今日は、
「あいうえお」を そのまま鼻母音でいってみる練習を いれてみた。これは、
「ん」の発音をしているあいだ、母音がうごいていく様子をまねするのに、ちょう
どいい。「あいうえお」を全部、鼻母音でいったら、たとえば、「う」だけ、鼻母
音にしないでいう練習とかが、かんがえられる。

 ちょっとした発見だった。

[7]きんちょ (ak@chuwol.com) 1999/04/20 Tue 22:43:28 きょう1日のスケッチ
あさ7時: 「〜たらいいと思います」の練習。あさのクラスは あつまりが わ
     るくて、実質の授業時間は すくなくなるけど、中学生3人(だんご3
     姉妹)と 22歳の女性だけで、それなりに安定した関係がつくれて 
     いる。でも、ある程度以上、複雑なことをおしえようとすると、拒否反
     応がつよくでてしまい、実際、全然定着しない。
      「日本語の発音が上手にならないんですがどうしたらいいですか」な
     んて例文に、わざと「あきづき先生のようなハンサムなおとこの日本人
     の先生に ならったらどうですか」などという回答例をだして 反発を
     かうようなことをしてでも、集中させないと やっていけない。

あさ8時: 文化初級3課の「ねこ」の授業。この課は おもしろくて、いろんな
     ことができる。「の」の用法の整理を わすれずにする。もっと、おも
     しろくできそうな気がして、自分で不満になったりもする。逆に 何回
     もおしえていて、自分ひとりが なれているために、つい、雑になって
     しまうこともある。

 中学校: 運動会がちかいため、エアロビの練習で 欠席がめだつ。数字を0か
     ら9まで おしえて、電話番号の練習。40分には ちょうどいい メ
     ニュー。

午後5時: 対比となる文を て形で つなぐ練習。「文化初級」の吉田さんと佐
     藤さんは おりにふれて 利用できるキャラクターだ。動詞の導入のと
     きに登場したキャラクターを 何回も別の文型の練習に つかいまわせ
     るので、一回で復習と文型の定着の両方のために使用できる。

午後6時: 自動詞と他動詞のペアの練習。導入から3時間めだけど、まだ、定着
     していないことが おおい。このへんになってくると、練習が機械的に
     なるか、会話の語彙がむずかしくなるかしがちで、たのしく、いつのま
     にか おぼえてしまうような授業というのが できなくなる。
      この項目、着目すべき観点がおおくて、いりまじっているから、どう
     いう方針でおしえていったらいいのか、まよってばかりだ。

夜7時半: もういちど、「ねこ」の授業。このみの女性にめがいってしまって、
     こまる。意味はすぐとれるけど、文法的には高度なことが ふくまれて
     いる。そういうときに、その「文法的な部分」に 注意をむけさせる 
     ことを じょうずにするのに苦労する。  

[6]きんちょ (ak@chuwol.com) 1999/04/19 Mon 23:02:02 〜と ともに
 あたらしく 同僚になった たむら先生が、わたしが ゆずりわたしたクラス
の授業のことで相談してきた。

 「〜と ともに」を つかった作文で、「たむら先生がくるとともに、あきづ
き先生は さみしくなくなりました。」という文をつくったひとがいて、たむら
先生は 不自然だとおもうと いう。

 こういう こまかい不自然さを追及していく感性は 大切だとおもう。問題は、
ただ「不自然」で おわらせないこと。また、自分かってな基準で「誤用」と 
きめつけないことだと おもう。

 たぶん、「不自然」のもとは、「先生がくる」が 一回で完結するうごきであ
るのに対して、「さびしくなくなる」が 本来は 段階をおって すこしずつあ
らわれてくる変化であると おもわれることの ズレから くるのではないかと
いうことになった。そして、なるべく作成者の趣旨をいかしたかたちで よりよ
い例文に なおしてみようと提案。その後の処置は、たむら先生に おまかせし
た。

 「たむら先生と いっしょに しごとをするようになるとともに、あきづき先
生も まえより あかるくなってきました。」などが 妥当なところだろうか。
でも、「あきづき先生は 本当に 単純な性格です。それまで さみしそうにし
ていた あきづき先生は たむら先生がくるとともに 急にさみしくなんかなく
なって、おどりながら しごとをしたり しています。」などという方向で修正
するのも わるくないかもしれない。

 
 それから、たむら先生は、「〜と ともに」と「〜と 同時に」は、前件と後
件の関係がちがうとおもうと いうようなことを いった。簡単にいうと、前者
は因果関係があるけれども、後者は前件と後件はそれぞれ独立の事象じゃないか
というような趣旨だ。
 「〜と 同時に」も 因果関係を示唆することがあるけれども、たぶんそれは、
二次的なもので、この語じたいの機能ではないのだろう。だから、因果関係かど
うかで どちらかを選択するように指導してはいけないのだけれども、因果関係
を きわだたせるか、暗示するかのちがいは でてくることになる。そして、因
果関係のみとめられない同時性のときには、後者をつかうべきだということに 
なるだろう。
 これを教案の段階にまで もっていくのは、ひと作業だ。これも たむら先生
に まかせてしまったので、どのようになったのかは わからないけれども、き
っと いい授業になったことだと おもう。

 誤用が でないようにするのは おろかなことだと わたしは おもう。誤用
のたくさんでるような授業から、教師は指導の素材をみつけ、学習者も問題に 
きづかされるのだから。
 


[5]きんちょ (ak@chuwol.com) 1999/04/19 Mon 22:25:53 中学生の発音
女子中学校の授業で いつも おもうのは、発音がとてもいいことだ。

けっこう人数がいても、たいていの発音は、数回の練習で完全にそろってしまう。

今日も、母音の無声化の指導をしたら、2回で全員完璧にできてしまった。

これが「学院」の成人クラスなら、何回も説明しては やらせての くりかえし
で、なかなか できるようには ならないものだ。やはり、わかいうちは ミミが
やわらかいのだろうか。

[4]きんちょ (ak@chuwol.com) 1999/04/19 Mon 03:41:14 90分授業
中学校の課外授業は、2つの女子中学校でおこなわれる。
今週から、木曜・金曜は、月・火・水とは 別の学校にいくことになっている。

週2日しかいけないので、1回90分の強行授業だ。

中学生相手に、90分の授業はたいへんだ。いまから、ユーウツ。
しかも、交替でおしえると、2日授業したあと、つぎは10日以上、あいだが
あく。いったいどうなることやら。

[3]きんちょ (ak@chuwol.com) 1999/04/19 Mon 02:48:44 "かきとり"は試験?
 4月になって再開された、中学校の課外授業。

 ことしからは、学校での いのこりの強制は禁止されたので、課外授業をとらな
いひとは、帰宅するようになった。だから、日本語をとるひとは、本当に勉強した
くて おかねをはらって勉強する こどもたちばかりだ。これで、だいぶ やりや
すくなった。
 
 ・・・と、おもっていたら、逆の効果も。

 最初の週の導入の授業のおわりに、「来週からひらがなの かきとりをします」
と 予告した。かきとりをしながら ひらがなを すこしずつ確実におぼえられる
ように 練習していくという つもりだったのだけど、それが まずかったよう
だ。
 つぎの週、出席者はみごとに へって、22人ぐらいいたはずが、9人になって
いた。「テストだってきいて、となりのクラスのひとは、みんな かえってしまい
ました。」なんて、出席した生徒にいわれ、ボーゼン。

 ま、すこしは つらいことも してもらわないと どうせ ながつづきしないの
だからと、ひらきなおるしかないけれど、受講料がもったいない。
 学校が いのこりを強制していたときは、生徒といっしょになって 学校のやり
かたにフンガイしていた わたしだが、自由になったとたんに イーカゲンになっ
ていく すがたを マノアタリにして、こんどは こどもたちに 批判的にならざ
るをえないのであった。
 

[2]きんちょ (ak@chuwol.com) 1999/04/19 Mon 01:57:28 (TO #1) 感想も かきこめます
 したの[1]の記事に、「しばらくは、みなさまの かきこみは できないよう
になっています。」と かきましたが、実は、かきこめます。

 わたしの勘ちがいで、いまの設定のままでも、感想は かきこめます。

 記事の番号を クリックすると、「コメント入力」のフォームが でますので、
そこから 感想を おくってください。

 どうぞ、ご自由に「授業日記」に チャチャをいれてくださいませ。

 

[1]きんちょ さん(ak@chuwol.com) 1999/04/19 Mon 00:10:34 あたらしい授業日記について
 掲示板のような形式で、あたらしく「授業日記」を はじめようとおもいます。

 しばらくは、みなさまの かきこみは できないように なっています。
もし、感想などがあれば、そのための別の掲示板がありますから、そちらに
かいてください。

 いままでとちがって、授業のエピソードを きらくに 分析をくわえないで
かくために この形式にかえてみました。
 これからも よろしくおねがいします。

[CLWBのタイトルページへ] [ホームページへ戻る]


初期設置日:1998年2月15日/最終変更日:1999年4月18日

つぎのメッセージのページ