このページはにほんご喫茶室月刊日本語 presents)に きんちょが投稿した
記事のログを投稿者本人が保存したものです。
 このサイトには きんちょの投稿しか おいてありません。
以下のリンク、および、ログのなかにあるリンクは もとの掲示板に
つながっていますので、おまちがいのないように ご注意ねがいます。

記事検索ツリー状に表示タイトル&コメント一覧

Article #: 8903 (Res to #8902) / Entry Date: 03/02/05 16:38:28
From: きんちょ
Subject: こまかいようですが。。
Message:  こんにちは。こまかいようですが、気になったので。。

> 「どこ」という言葉にはいろいろな含意が
> あって、われわれは知らず知らずに使って
> いますが、「どの町にあ るか」とか「どの会
> 社なのか」あるいは「どの駅に近いか」など
> を省略したものと思います。

この質問が町名や会社名、あるいは もより駅をたずねる表現になる理由は、「どこ」の含意が ひろいからではなく、「AはBですか」という文型が 多様な意味をあらわせるものだからだと おもいます。どの意味になるときにでも、

「あの たてものの ある まちは どこですか。」
「あの たてものの ある会社は どこですか。」
「あの たてものの ちかくの駅は どこですか。」

のように いいなおすことができます。これらの文に共通に つかわれている「どこ」の意味が、「あの建物はどこですか。」という質問における「どこ」の意味でもあり、「含意」が生じる理由は「あの建物」という ことばを主題にし、「どこ」という ことばを焦点にしたうえで 両者を有意に むすびつける解釈の可能性が いくつか あるからだと かんがえれば すむことだと おもいます。

また、「省略」という いいかたも あたっていないと おもいます。省略というのなら、「本来あるべきもの」が談話のなかで すでに想定されているということになるでしょう。しかし、「本来あるべきもの」が、「まち」であるのか「会社」であるのか「駅」であるのかということは、「Aは どこですか。」という質問をするときに つねに了解されているとは いえないと おもいます。むしろ、このような多様な解釈ができる いいかたとして質問の形式が えらばれているということなのでは ないでしょうか。(そうであるから、こたえるほうが もっとも あいてにとって有益な こたえかたをえらんで こたえることができる。)これ自体が ひとつの表現のかたちであると みとめるべきだと おもいます。

> 外国してはやむをえない使い方ですが、
> 疑問の部分をはっきりさせたほうがいいに
> 違いないでしょう。

そうでしょうか。「あいまいなのが日本語の特徴だ」などという俗説に加担するつもりは ありませんが、解釈に ふくみをもたせられる表現を日本語を母語とする おおくの日本人が このんで つかうということは否定できないと おもいますよ。

# of Responses: 1

  1. "Re: こまかいようですが。。" from tm43 (03/02/12 12:28:39) #8910

"()">