このページはにほんご喫茶室月刊日本語 presents)に きんちょが投稿した
記事のログを投稿者本人が保存したものです。
 このサイトには きんちょの投稿しか おいてありません。
以下のリンク、および、ログのなかにあるリンクは もとの掲示板に
つながっていますので、おまちがいのないように ご注意ねがいます。

記事検索ツリー状に表示タイトル&コメント一覧

Article #: 8980 (Res to #8978) / Entry Date: 03/04/06 17:57:20
From: きんちょ
Subject: Re: 使役の「に」と「を」
Message:  基本的に おっしゃるとおりだと おもいます。

まず,

●おなじ述語に「を」を二重には つかえない

という制約が はたらいて,「を」が二重になる可能性が ある構文では 使役の むかう あいてに「に」が つきます。そして,この制約が はたらかないときには,

●「を」は強制,「に」は許可・放任

の意味が つよくなると よく指摘されていますね。感情動詞のときには「強制」というと ちょっと ことばが そぐわないように感じますが,それなら,うえの規則をつぎのように解釈しなおしてみては いかがでしょうか。

○「を」のときは使役主の意志によって動作が おこなわれ,「に」のときは使役主の意志と使役をうける あいての意志が ともに はたらいて動作が おこなわれる

これだと,「わらわせる」とか「かなしませる」なども 強制の「を」と おなじように解釈できると おもいます。「わらわせられた」り「かなしまされた」り した ひとは,「わらわせた」り「かなしませた」り しなければ 「わらった」り「かなしんだ」りは しなかったのでしょうから,これは使役主の意志だけが はたらいて,動作主のほうは「おもわず」わらったり かなしんだり してしまったのでしょう。

 あと,「AがBをまたせる」という表現の「Bを」が この原則では説明できないようです。わたしは これをかってに「直接使役」と よんでいるのですが,賛同してくれるひとは いまのところ いません。

# of Responses: 0

"()">